結婚指輪はどれがいい?選ぶ際の基準を教えます

結婚指輪の選び方の紹介

結婚指輪は、結婚の証としてどこを重視するかが重要になります。まずは予算をきめることです。同じ品質でも有名ブランドとそうでないものでは価格が大きく異なります。リーズナブルなブランドを選べば、ダイヤの質を上げたり、デザインにこだわりを持てたりすることができます。つぎに、指輪の取り扱いをどうするかです。常に身に着ける場合は、スーツやビジネスパーソンに合うことが多いので派手なデザインは避けます。仕事で身につけられないなど特別な日に限定してつける場合では、派手なデザインを選択することができます。最後にオプションの選択です。刻印のデザインや誕生石などの石を追加することでオリジナルのデザインに仕上がります。

結婚指輪の渡すシーンの紹介

まずは、パートナーに渡すときです。リングピローやマスコットやバラの花などをそえて、豪華に演出することがポイントです。記念として思い出のワインなどお酒を添えることやレストランなど会場にこだわる方法もあります。結婚式などみんなの前で披露するときには結婚式の形態によって異なります。まずは、人前式では、ゲストが赤い糸を使って一人一人の手元を経て新郎新婦に渡されます。神前式では、神主から授与がされて指輪交換を行います。指輪は祭壇にあり、祈祷もかけられます。教会では、神父から渡されます。小さい子供がゲストに居る場合は入場の時に天使役として先頭を歩いてもらい指輪を神父に渡すというシーンを演出することが可能です。

© Copyright Wedding Fashion. All Rights Reserved.